大日方邦子 講演ダイジェスト

ヨッテクスペシャルトークショー(2007年7月7日)

最終更新日: 2007/09/25 | Edit

トークショーのナビゲーター役に挑戦

『ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2007』
2007年7月7日13:30〜14:15 /パシフィコ横浜展示ホール
主催:社会福祉法人 横浜市リハビリテーション事業団

 アテネパラリンピック水泳銅メダリスト 杉内周作さんと、車いすテニスプレーヤー 上野実穂さん、そして大日方の3人のアスリートによるトークショーが、『ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2007』というイベントの中で開催されました。今回、大日方は自分自身の話をしながらも、共演者から話を聞きだすナビゲーター役にも挑戦。事前打合せで大日方は、杉内さんや上野さんの頑張る姿やパラリンピックに懸ける熱い思いを引き出すべく、現在の活動状況から今後の目標まで、かなり突っ込んで話を聞いていました。

 そして当日を迎えます。今回のテーマは「パラリンピックへの思いと魅力」。取り組んでいる競技や目指している大会、そして障害の種類が異なる3人。共通しているのはパラリンピック出場を目指しているということ。45分という決められた時間はあっという間に過ぎ、集まった聴衆の前で、3人それぞれが持つ“パラリンピックへの思い”を披露してくれました。

トークショーの出演者

左から、杉内さん、上野さん、大日方


トークショー会場の様子

老若男女、様々な人が集まりました。